株式会社尾崎商店 社長のブログ!


株式会社尾崎商店(神奈川県小田原市) −測量機の販売・修理・校正検査・レンタル
測量用品ドットコム −測量用品の通販サイト・測量用品販売ウェブショップ (点検調整済・優良中古測量機の販売)


測量用品ドットコム − 測量用品の通販サイト・測量用品販売ウェブショップ


★メモ(memo)

エネループ(ニッケル水素電池)の公称電圧は1.2V。・・・1.5Vでは、ありません。

ちょっと気になったことがあったので、、、メモ。

一般的な単三乾電池の代わりにエネループ(ニッケル水素電池)を使用することもあるでしょう。ちょっとした注意点があります。

それは、エネループ(ニッケル水素電池)の公称電圧は1.2Vなので、、、一般的な乾電池の電圧1.5Vにならないことです。

たとえば、電圧の高い方が無線到達距離が遠くまで届くような場合、エネループ(ニッケル水素電池)を使った場合、最初から20%ほど無線到達距離が狭くなります。

ネットワーク型RTK−GNSS測量(GPS測量)の基準点測量。

ネットワーク型RTK−GNSS測量(GPS測量)の問い合わせがありました。

ネットワーク型RTK−GNSS測量(GPS測量)は、「誰でも・・どこでも・・簡単・・」というイメージがあるようです。現場の測位環境が良くて、単点観測法なら、そのイメージは間違いないでしょう。

ただし、成果検定が必要な3級基準点測量となると、簡単・・・というわけにはいきません。

GNSS測量(GPS測量)での基準点測量の考え方は、スタティック方式でも、ネットワーク型RTKでも、変わらず、同等な観測計画(平均図)を設計しないといけません。作業工数は、それなりに必要なんです。

ネットワーク型RTKの出始めたころ、作業規程マニュアル(案)がありましたが、その作業方法(直接観測法・単路線)ではダメというのが最近の流れです。

 VRS方式(NW型RTK)+直接観測法の3・4級基準点測量は、ほとんどの人が間違えている?
 http://vrsk.livedoor.biz/archives/51711631.html

もちろん、見合う作業工数(+単価)をいただければ、問題ないのですが、、、、
 
 
 



アクセスカウンター




    楽天トラベル
    楽天市場
    最新記事
    月別アーカイブ
    サイト管理
    2006年4月1日より
    • 累計:

    • ライブドアブログ