パイロット目線で操縦できるParrotの新型ドローン「Bebop Drone」を体験してみました
http://gigazine.net/news/20150323-parrot-bebop-drone/


手のひらに載るドローン(クアッドコプター)のRolling SpiderやiPhone/iPadで操縦可能なAR Drone 2などのドローン製品を送り出しているParrotが、本体に内蔵したカメラの映像を見ながら操縦できる新型ドローン「Bebop Drone」を発表しました。日本国内では4月に発売されるという新しいドローンを一足先に借りることができたので、どんなフライトが可能なのか試してみることにしました。





最近、流行のドローンですが、、
ここで注目したのは、「パイロットの目線で操縦できる」というところ。


amazonが、無人機での配達に関して、飛行試験の許可をとったことが話題になりましたが、その条件のひとつに「常に視界内で操縦しなければならない」があります。

これって、「パイロットの目線」の事じゃないかなと思って、注目したわけです。

今後、ドローンの許認可がどうなるかわかりませんが、、、

許認可や法律の整備も、自家用飛行機の延長(自家用飛行機の操縦が飛行機の中じゃなくて、地上で行っているだけ)で考えれば、実用化が早いような気がしたところです。



米アマゾン、連邦航空局から無人機の実験的耐空証明書を取得
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150320-00000021-reut-bus_all



メルマガ購読・解除 ID: 1641391
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ