【「仕事は盗め」「体で覚えろ」なぜ職人は言葉で教えないのか? 桶職人が説く、“手で語る”ことの重要性】という記事を読みました。

桶職人が、10分の1に減少している「桶のニーズ」と戦っている様を語っています。


「仕事は盗め」「体で覚えろ」なぜ職人は言葉で教えないのか? 
桶職人が説く、“手で語る”ことの重要性
http://logmi.jp/38023




この語りを、どう、とらえるかで、、聞き手の受け止め方が変わってくると思います。


僕が印象に残ったポイントは、下記の部分です。


私は桶の構造を見直し、アーチ構造に正確に沿うようにパソコンで図面を描き直しました。それを経て、ようやくシャンパンクーラーは完成したのです。父にこの図面を見せてもなかなか構造は理解してくれませんでした。



ここは、、家業を受け継いだ子供達が直面する問題の確信だからです。


だから個人的には、
「桶職人が説く、“手で語る”ことの重要性」というタイトルに違和感を感じます。


例えば、、・・・

「桶職人が説く、“手で語れない”ことに挑戦することの重要性」

・・・にすると、、家業を受け継いでいる僕的にしっくりくるサブタイトルです。



メルマガ購読・解除 ID: 1641391
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ