エースサーベイを初めて使おうとすると、かなり違和感を感じる人も多いと思います。僕もそうでした。しかし、一度、コツをつかんでしまうと測量機メーカーや測量CADメーカーが発売している電子野帳ソフトよりも、むしろ簡単で高性能に思えてしまいます。
初心者がエースサーベイを使えない一番の問題は、作業における一連の手順が記載された取扱説明書(ユーザーズマニュアル)がないこと。

そこで、初めて触れる人向け(超初心者向け)取扱説明書を作ってみました。超初心者向けに、作業の流れを細かく手順化しました。おそらく中級より上の人たちは、とても細かすぎて、逆に使いにくいと思うはずです。

とにかく使えるようになる「きっかけ」が必要なんです。少し、実際の測量で使えるようになれば、慣れてくるし、コツをつかんでくるし、、そうなれば、他の機能も自然に使えるようになるでしょう。

  【測量計算アプリ A-SurveyCE 】 超取説−野帳観測・入力(電子野帳編)
  【測量計算アプリ A-SurveyCE 】 超取説−放射トラバース(任意座標・電子野帳編)
  【測量計算アプリ A-SurveyCE 】 超取説−放射トラバース(座標測定編)
  【測量計算アプリ A-SurveyCE 】 超取説−杭打ちTS(SIMA座標取込編)
  【測量計算アプリ A-SurveyCE 】 超取説−杭打ちTS(座標キー入力編)

取扱説明書を作っていて思ったのだけど、ひとつひとつの機能や手順に無駄がありません。メーカー系のソフトは、空打ち(nullデータ+ENTER)が多いのですが、、、エースサーベイは、そういう無駄が最小限ですね。とても使いやすい測量計算アプリだと思います。

・・・・参考にしてください。


メルマガ購読・解除 ID: 1641391
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ