「A-SurveyCE 超初心者向け取扱説明書−杭打ちTS(座標キー入力編)を作ってみました。

超初心者向け取り扱い説明書、、略して「 超取説

超初心者向けですから、かなり細かいです。A-SurveyCE が難しくて、あきらめてしまった人は、この「 超取説 」を参考にして、再チャレンジしてみて下さい。
===================================

A-SurveyCE 超初心者向け取扱説明書
<杭打ちTS(座標キー入力編)>


−概要−
「杭打ちTS」機能を使って、現場で杭打ち作業をする方法です。ここでは、座標値をキー入力(手入力)からはじめる手順を作ってみました。図面や計算書に書いてある座標値を使う場合は、キー入力(手入力)で杭打ち点座標を登録するしか方法はありません。
===================================

 注1) トータルステーションと通信設定を合わせておくこと。【TS条件】
 注2) データフォルダをSDカードにしておくこと。【システム条件1】
 注3) 独自ソフトキーをオン(チェック)しておくこと。【システム条件2】

 ◇文字入力の仕方(二通り)
   A) 入力ボックスでダブルタップ。→ソフトキーが表示されます。(点名・数値のみ)
   B) 入力ボックスで右下【A】を押す。→標準キーボードが表示されます。


※ A-SurveyCEの起動

 01) 【スタート】→【プログラム】→【A-SurveyCE】を順番に押す。
 02) 【新規現場作成】が表示されたら、起動完了


※ 現場作成

 01) ※ A-SurveyCEの起動
 02) 【新規現場作成】を押す。
 03) 「現場名:」でカーソルが点滅します。
 04) 「現場名:」=現場名入力
 05)    右下【A】を押す。(キーボード表示)
 06)    【英数】→【Cap】。(英数半角大文字に切替)
 07)    「2013-01-01」(日付)を半角入力。・・・<何でもいい、日付は一例>
 08)    「現場名:」に「2013-01-01」が入力される。
 09)    右下【A】を押す。(キーボードが消える)
 10) 「データム:」は、「JGD2000」でOK
 11) 「座標系:」は、測量場所の座標系を入力
    ◇例:神奈川県は、「9(系)」
 12) 右上の【ok】を押す。
 13) 【新規現場作成】が表示されたら、現場作成完了


※ 座標入力− あらかじめ、杭打ち点をキー入力(手入力)します。
  
  注1) 座標登録は、杭打ち点を全てキー入力(手入力)で行います。
  注2) 他に機械点と後視点(BS点)の登録も必要です。

 01) ※ A-SurveyCEの起動
 02) 【観測・計算】を押す。
 03) 「座標入力」表示。

 04) 「X座(X座標)」の画面にカーソルがある。
 05) 「点名」の入力ボックスでダブルタップ。
 06) <ソフトキーが現れる。>

 07)   「点名」を入力します。
 08)   「X座(X座標)」を入力します
 09)   「Y座(Y座標)」を入力します
 10)   「標高」を入力します
 11) 【登録】を押す。
 12) <入力データが消えて、次の点の入力画面になります>


※ 杭打ち作業

※ A-SurveyCE(PDA)とトータルステーションを接続する。
  トータルステーションの電源ON→観測準備をする。

 01) ※ A-SurveyCEの起動
 02) 【新規現場作成】の画面表示。
 03) 【現場を開く】を押す。
 04) 現場名を選択→【OK】を押す。
 05) 【新規現場作成】の画面に戻る。
 06) 【観測・計算】を押す。
 07) <プロット画面表示(杭打ち点がプロットされている)>

 08) 「計算」→「杭打ち(TS)」を選択。
 09) 画面上部に「杭打ち(TS)」が表示される。

 10) 「器械」(機械点)の入力ボックスを押す。
 11) プロット画面から、機械点のプロット点を選択する。
 12) 「器械」(機械点)の入力ボックスに機械点名が入る。

 13) 「後視」(後視点)の入力ボックスを押す。
 14) プロット画面から、後視点のプロット点を選択する。
 15) 「後視」(後視点)の入力ボックスに後視点名が入る。

 16) トータルステーションから後視点(BS点)を視準する。
 17) 水平角を0度(ゼロセット)に合わせる。

 18) 【BS】を押す。

 18) 「視準」の入力ボックスを押す。
 19) プロット画面から、杭打ち点のプロット点を選択する。
 20) 「視準」の入力ボックスに杭打ち点名が入る。
 21) 「夾角」「平面距離」が表示される。

 22) 水平角が表示された「夾角」になるようにトータルステーション(TS)を横に回す。
 23) TSの水平角が「夾角」と一致したら、視準線上にプリズムを置く。
 24) トータルステーションでプリズムを視準する。
 25) PDAの【測定】を押す。

 26) 画面の指示に従って、プリズムを移動し、杭打ち点を探す。
    →□ミラー
     PDAをTSに向けて方向の指示を表示するか、
     PDAをプリズムに向けて方向の指示を表示するかの違い。
    →□詳
     詳細画面と通常画面の切替。詳細画面の方が使いやすい。
 27) プリズムを移動し、トータルステーションで視準し、【測定】を押す。
 28) 差が許容値に入るまで繰り返す。

 29) 終了したら、次の点に移動。
 30) 18)まで戻り、繰り返し。
 31) 機械点の移動は、10)まで戻り、繰り返し。

 32) 全ての杭打ちが終了。
 33) 【ファイル】(下の行)→【終了】→【終了】
 34) Windows の画面に戻って終了。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   測量計算アプリ、エースサーベイは、測量用品ドットコムで、好評販売中!
   http://survey-life.com/?mode=cate&cbid=638045&csid=14
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


メルマガ購読・解除 ID: 1641391
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ